画家の白井忠俊 様 からいただいたメール

 白井様のアーティストステイトメント PDF

 ホームページ

アーティストステイトメントステイトメント納品後に、白井様よりいただいたメールです。

白井様、どうもありがとうございました。

ーーーーーー

すごい!
いま、電子辞書を片手にざっくり読みました。

講師のみなさん文章の読解力と作成技術が訓練されているので
この分量にまとめる場合の項目の優先順位が見事です。

自分だと、あれこれ入れたくなり、収集がつかなくなります。

辞書で調べてわかったことですが丁寧な言い方の単語を選んで
文章が出来ているのが理解できました。

今後とも引き続きよろしくお願いします。

 彫刻家のHENGE 山路智生 様 からいただいたメール

 山路様のアーティストステイトメント PDF

 HENGE ホームページ

アーティストステイトメントステイトメント納品後に、山路智生様より、メールをいただきました。
山路様、どうもありがとうございます。

ーーーーーーー

この度納品頂いた英文ステイトメントには私の意図が的確に、また端的に要約されており、大変説得力のある文章だと感じました。心より感謝いたします。

今回白藤氏から受けたヒアリングのプロセスは非常に丁寧で、クライアントの意図を可能な限り把握しようとなさる姿勢を強く感じました。

自分の作品について的確にプレゼンテーションするのは日本語でさえ容易ではありませんが、それを英文で記述するとなると諦めが先に立ってしまいます。アートの現場の最前線に携わる講師陣から丁寧・的確なご助力を頂ける貴サービスの存在は、アートシーンをより豊かにする上で社会的意義が非常に大きいと思います。

世界中で日々生み出されているアート作品群の中に優れた作品がどれほど多くあろうとも、言語の壁が理由でその素晴らしさが見過ごされるならば、それは実に不幸な状況です。アートが真に公平で寛容な文化活動なのであれば、言語が発展の障壁になってはならないはずです。

この度は大変お世話になりました。重ねて心より感謝いたします。
HENGE 山路智生

 こだま美瑠兎 様 からいただいたメール

 こだま様のアーティストステイトメント PDF

 ホームページ

こだま様より、英文制作サービスご利用後に、感想をメールで頂きました。
こだま様、どうもありがとうございます。

ーーーーーー

芸術大学やギャラリーのあり方、アート業界については日米間で大きな違いがあると思いますが、それを肌で感じている人は少ないですよね。

最初は書類作成がちゃんとできるのだろうかという不安がありましたが、アトカの講師陣は日米のアート業界に精通しておられ、アートのメッカであるNYで活躍されている方ばかりという事を知って不安が一気に払拭されました。

このサービスの良い点は作家の意図を明確に把握し、専門家の視点で見事にまとめてくれる事だと思います。

日本人講師が書類作成の為にメールやスカイプセッションを通して投げかけた質問に対し作家が答え、それらQ&Aに基づいて白藤講師が仕上げたステイトメントを、プロのライターであるナタリー・ヘゲルト講師が最終チェックをしてくれるという流れで構成されています。

こういった日本人講師とアメリカ人講師による二重チェックシステムが良い書類作成における最大の強みだと思いました。

日本にいる作家が海外の公募やギャラリーでの展示の際に必要とされる書類は、独自の判断で作成するより上記のように専門家にチェックしてもらう方が好ましいと思います。
なぜなら翻訳は出来てもアートの専門用語や書式を駆使して作成するのは大変困難だからです。

このアトカを利用すればその問題が解決されるばかりでなく、視野を広げた先のアート界情報を取り入れることが出来るので日本にいる作家にとって大変心強い存在となってくれると思います。

 こだま美瑠兎 様 からいただいた、インタビューに関するメール

こだまさんは、アーティストステイトメントのインタビューメールに回答するのに、不安を感じていた模様でした。

インタビューメールの送信後、「私はステートメントを書くのはほぼ初めてで、難しいと感じる質問もあり、苦戦しています…。」というメールを頂き、とりあえず、書けるところだけ書いて送ってもらうという形になりました。

こだまさんからのインタビューメールの回答を頂いた後、回答できなかった部分の補足をするため、スカイプで講師と直接お話することになりました。(スカイプでの追加インタビューは、追加料金10分1000円で承ります。)

これは、その直後に、こだまさんから頂いたメールです。
スカイプセッションで、講師はステイトメント制作に十分な情報を得る事ができ、無事にステイトメントを書き上げる事ができました。

ーーーーーーーーーーー

白藤講師に日本時間17日11時、予定通りスカイプセッションを担当していただきました。ありがとうございました。

面識がなく会話のみのセッションだったので緊張しましたが、講師のご丁寧な対応により無事に進行出来たと思います。

予めメールで提出した「筆記Q&A」に基づいて白藤講師が用意した質問事項に答えることで意思疎通が強化されました。作家としての経歴・情報や作品にまつわる事柄を伝え、こちらの意図を講師がうまく汲み取ってくださったという実感があります。

文章が苦手な私のような人にとって、スカイプセッションは書類をより良い物に仕上げる為に大変重要な役目を果たすと思いました。

当初からインタビューメールに答える為に作品にまつわる情報を調べたり纏めたり等作業工程が沢山ありましたが勉強になりました。

一連の作業は現時点における実力やアートシーンの中でどこに位置するのか等の視点で自身を客観視することができます。また今後の課題も鮮明になり大変良い機会となりました。

ステイトメントを作成するのは今回が初めてのことでしたが、私を含め日本にいる作家の多くはステイトメント作成を強いられておらずそれに慣れていないのではないでしょうか。それは日本のアート業界においてその重要性が乏しい土壌があるからではないかと感じています。

今回セッションを通して思ったのは、作家が海外を視野に入れ活動範囲の幅を広げる意識を持てばおのずとステイトメントの重要性に気づくのではないかということです。しかしそれを英文で書くとなるとハードルはぐっと高くなり自身だけでは到底無理な作業だと思い知らされます。

そんな時にアトカのような充実したサービスがあれば安心して書類を作成出来るので嬉しいですね。

こだま美瑠兎